« 旭屋書店なんばCITY店にて | トップページ | 定期試験始まる »

2008年6月29日 (日)

前半は好調、後半は苦戦

 今日は、先月に引き続いてのTOEIC試験でした。天気予報は大雨の恐れもあるとのことで心配していましたが、傘が要るか要らないかぐらいの小雨で助かりました。

 会場はいつもの近畿大学、前回は遅れてしまったので、今日は少し早めに家を出ました。でも近鉄の乗り継ぎが悪く、最寄り駅に着いたのは10分前。体力消耗を避けるために走らず歩いていったら、会場に着いたのは12:20ほぼ丁度でした。

 受験番号が遅かったため、最後の順番の教室になったらしく、3分の1ぐらいの席しか使っていない、広々とした(ちょっとさみしい)感じの教室です。また、過去の試験ではリスニング中にはエアコンを止めていたこともあったのですが、今日は蒸し暑かったせいか、エアコンを止めずにリスニング試験をするとの張り紙がありました。エアコンの音があるとリスニングテープの音が少し聞こえにくくなることが予想されるため、試験官にテープの音量を上げてくれるように頼んだことはいうまでもありません。(そうでなくても、私は2回に1回ぐらいは音量を上げてくれるように頼んでいます。)

 前回に引き続いて今回も1分長い試験時間で、15:01終了です。前回は試験官が終了時刻を勘違いして15:00丁度に終了コールをされたトラブルがあったので、心の中では「15:00に終了するつもりで問題を解こう」と言い聞かせてスタートです。

 前半のリスニングでまず感じたのは、まだ音量が小さいということでした。もう1段階上げてもらえば良かったと思いましたが、もう仕方ありません。いつもよりも顔を上げ、耳を澄ますようにしてテープの音声に集中しました。
 集中の成果か、いつも苦戦するPART2がいつになく順調に進みます。心の中で「この調子、この調子」と思いながら集中力を切らさないように頑張りました。でもPART2の最後の3問は、聞き取るのが難しかったです。
 続くPART3では、短いインストラクションの間に問題文の先読みをしている内に、問題文が始まってしまったというミスがあり、1問落としてしまいましたが、残りは順調です。PART4も特に問題なく終了しました。
 リスニング全体では、前回と同じか少し良いぐらいの手応えでした。

 後半のリーディングでは、PART5は無難にこなしたものの、PART6でつまづきました。いつもですとあっさりと解答できるパートなのですが、3問ぐらい悩んでしまい、時間が余分にかかってしまいました。
 そのため、PART7は少し急いで解かなければなりません。そのせいかどうか、結構難しかった前回よりもさらに難易度が上がったように感じました。特に語彙問題(本文○行目の○○という単語の意味に最も近い単語はどれか)については、微妙なものがあり、自信がありません。時間は何とか間に合いましたが、最初に「15:00に終了するつもりで」と意気込んだにもかかわらず、15:01の10秒前ぐらいにやっと解き終えました。

 というわけで、前半は好調だったものの、最後の方のPART6,7で苦戦してしまった、今日の試験でした。



« 旭屋書店なんばCITY店にて | トップページ | 定期試験始まる »

・TOEIC・英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旭屋書店なんばCITY店にて | トップページ | 定期試験始まる »