« 日商簿記、TOEIC申込み | トップページ | 基本情報受験しました »

2007年10月18日 (木)

現実逃避?

 今日、TACの租税法基礎マスター(全12回)の受講が終わりました。
 そして、少し前後しましたが、昨日から池本先生の所得税法の基本書(10月3日のブログ参照)を読み始めました。この本は最初の印象通り読みやすい本で、約1時間で30頁ぐらい進みました。大学院の税法の授業も、ちょうど来週から所得税法に入りますので、その授業と併行して読み進んで、相乗効果を狙っています。
 実は、租税法は、大学の法学部の授業でも受講していました。まだ消費税ができる前でしたが、直接税・間接税、超過累進課税等の考え方を知って、非常に面白かった記憶があります。それから20年以上経って、改めて租税法を勉強してみると、やはり面白いと感じています(計算は細かくて面倒ですが)。この科目は自分に合っているのかもしれません。

 と、租税法の勉強は順調なのですが・・・。
 Java言語の勉強がなかなかはかどっていません。以前、私はCOBOL言語の勉強はしたことがあるのですが、手続型言語といわれるCOBOLと、オブジェクト指向言語のJavaとでは、かなりプログラムの構造が違い、少々手こずっています。

 Javaの勉強が進まないから、現実逃避で、租税法の方につい手が伸びてしまっている・・・。というのが本当のところです。
 さて、どうなりますやら・・・。

« 日商簿記、TOEIC申込み | トップページ | 基本情報受験しました »

・公認会計士」カテゴリの記事

・司法試験・法科大学院」カテゴリの記事

・情報処理技術者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219048/16795317

この記事へのトラックバック一覧です: 現実逃避?:

« 日商簿記、TOEIC申込み | トップページ | 基本情報受験しました »